2010年01月16日

安房の国、羅漢と仏と水仙と

安房の鋸山にある日本寺は、千五百羅漢で有名で、中々機会が無かったが、近くの水仙見物も兼ねて小春日和に繰り出した。

鋸山山頂からは、対岸の三浦半島が指呼の間。
東京湾口の一番狭まった所を、行き交う船も春めいている。

20100116東京湾s-.jpg

日本寺はいわくありげな寺だ。
聖武天皇の勅詔を受けて、行基が1300年前に開いた関東では最古の勅願所だが、何故国号の日本という名前を与えたのか。

当初法相宗に属し次いで天台、真言宗を経て曹洞宗と宗派も変転、円仁も入寺した。
世界救世教の岡田教祖が境内の十州一覧台で天啓を受けたとされ、聖跡と定めその碑が設立されている。
そのため、日本で二番目に長いという参道の階段は、世界救世教の寄進によるという、立派な御影石が敷き詰められている。

バーミヤンもかくやと思われる、採石場の跡に刻まれた百尺観音。
大戦の犠牲者の供養と交通犠牲者供養のためというが、誰が発願したものか。

20100116百尺観音s-.jpg


千五百羅漢は廃仏毀釈の折にかなり毀損されたが、それだけが原因ではないともいう。
いずれにせよ、江戸時代に二十一年間かけて作られた羅漢達は、今もその味わい深い豊かな表情を見せ続けている。
百体観音もたおやかだ。

20100116羅漢1s-.jpg  20100116羅漢2s-.jpg  20100116百体観音s-.jpg


昭和44年再興された日本一大きいという大仏は、かなりいかつい感がする。

20100116大仏s-.jpg


本堂は昭和14年の失火で焼失し跡形も無く、ようやく新本堂の敷地の整備が始まっていた。
行基椎の前の早い梅の花を見て、疑問符山積みの乾坤山日本寺をあとにする。

20100116梅s-.jpg


足を伸ばした江月の水仙ロードは、こちらは負けずと早咲きの桜が咲いている。
江戸の早春も彩ったという水仙は、まだまだ盛で陽だまりの中ほのかな香りを運んでいた。

春は直ぐそこだ。

20100116水仙ロード桜s-.jpg  20100116水仙ロードs-.jpg  20100116水仙ロード2s-.jpg  
posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。