2009年09月08日

龍飛岬からツールド・日本海(その1:龍飛岬〜十三湖)

奥州街道を三厩を越えて龍飛まで歩き終えたので、次の旅の始まりは旅の終わりの龍飛岬。

本州の日本海側を下関まで、輪行しながら自転車で走り抜けるのも、足を運んでいない場所も多く面白そうと、折畳み自転車を携えて一寸龍飛まで繰り出した。
いわばツールド・日本海。

一日目は龍飛から十三湖まで。足慣らしにに40km弱の行程。

龍飛からは十三湖手前の小泊まで、鉄道は勿論もバスも無いので、いざと言う時のエスケープのすべがない。
トラブルの無いことを祈りながら、懐かしい龍飛の灯台前からスタートした。

走り始めた途端に予想外の、上り坂、予想外の向かい風。
龍飛の灯台が、この辺の最高地点と思っていたら大きく目論見が外れ九十九折の道を、それから400m以上の高度差を上り続ける。
前回は見えなかった北海道の景色を、心置きなく見る余裕も有らばこそ。

20090908竜飛岬灯台-.jpg  20090908竜飛俯瞰s-.jpg


上り切り、再び九十九折を降り切ると、津軽半島の東海岸で見かけた、松陰道の入り口の碑が立っている。
吉田松陰は真冬に、ここから徒渉を繰り返し寒沢(今の算用師峠)を越えて、三厩まで下った。
東北遊日記には、「寒沢丗里路行き難し」と書かれているという。
この旅で士籍剥奪までされた若干22歳の松陰は、何を見ようとしたのか。

20090908松陰道s-.jpg


この日はとにかく、自転車の旅では全ての坂は上り坂、全ての風は向かい風、ということを海沿いの地形と日本海の風で思い知らされた。
岬を越えるには、坂があり、岬の先には風がある。
それでも景色のよさに元気づけられ、何とか第一日目の十三湖の宿にたどり付いた。

20090908海岸風景s-.jpg  20090908ススキs-.jpg  20090908十三湖s-.jpg


街道歩きと違って、走れる季節は極めて限られるので、下関まで辿りつくのは何時になることやら。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。