2012年07月28日

「青山杉雨の眼と書」展と良寛

東博で今「青山杉雨の眼と書」と言う展覧会をやっている。
上野の都美館と西洋美術館はフェルメール目当てで、暑さにもかかわらず長蛇の列だが東博はひっそりとしている。

青山杉雨の事は殆ど知らなかったが、東博で個人の書を特別展で扱うのは西川寧以来二人目と言う事だ。
編年体のように展示されている作品は、一作一面貌と言われる次々変貌する作風をよく表しているが、70歳を過ぎてからの作品が素晴らしい。

とりわけ印象に残ったのが「書鬼」と言う作品だ。
この作品は最晩年の最後の大作で、81歳の死の前年に子息に身体を支えて貰って書いたものとされるが、死の床での裂帛の気配が書の周りに漂っている。

20120727書鬼s-.jpg

一つの書だけでも、その人の生き様を語りつくす事が出来るということだ。

常設展には、時々思いもかけぬ書の作品が展示される。
良寛の枯れかじけた自画賛「貴賎老少唯自知」、画は髑髏。

20120727良寛画賛s-.jpg

良寛の最後は 貞心尼との相聞で知られるが、髑髏の画は何時のものだろうか。
青山杉雨の最後と良寛の最後は書において対比的だが、何れもきりきりと人の心を騒がせる。
 うらを見せ おもてを見せて 散るもみぢ
posted by 遊戯人 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。