2012年03月22日

丸の内:Time Still

行幸通りは東京の玄関口の東京駅と和田蔵門を繋ぐ。正式には東京都道404号皇居前東京停車場線。
極めつけのハレの空間である筈だが、常時は空漠として何故かここを歩く人は殆どおらず、一般車の通行は禁止されている。

ロラン・バルトが「表徴の帝国」で皇居を意味の欠如した東京の空虚な中心と呼んだが、そこへ繋がる道はあからさまにその輝く空虚さを暗示する。

20120321御幸通りs-.jpg


行幸通りの地下はギャラリーとなっている。地上のハレの行幸通りに対して、元は駐車場だった地下のケとしての行幸地下ギャラリー。
無機的な長大な壁面で『東日本大震災 復興応援写真展 「3・11以前」』が行われている。
丸ビルと新丸ビルの間にあるにも関わらず人通りは極めて少なく、写真は寂しげだ。

20120321御幸通りs-.jpg 


失われた二度と戻らない光景の中の、笑顔の写真が時間を止める。

20120321復興応援写真展s-.jpg


地上に戻ると、風に桜をあしらったFlagが揺れている。
日本の誰が、世界の誰に、何のために発信しているのか。主語も目的語もなく何処までも続く曖昧性。
震災への、外国からの支援に感謝するFlagと言うが。

 さくらさくらさくさくらちるさくら

20120321FLAGs-.jpg


今年の春に、JPタワーとして竣工する東京中央郵便局。
保存された外壁に残る時計の見えない針は、2時46分を指している。きっと。

20120321中央郵便局時計s-.jpg  20110704気仙沼3s-.jpg


変らない日本、止まる時間。
posted by 遊戯人 at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

競馬場でお花見を

横浜の根岸森林公園には、340本の桜が植えられている。

本数は比較的少ないが、公園の斜面に密植されているために、霞がたなびくような景観を生じる。
まさに、花の雲 鐘は上野か浅草か、だ。

20100403根岸森林公園s-.jpg  20100403幹桜s-.jpg


この公園は元根岸競馬場だったものが戦後の米軍の接収、返還を経て1977年に公園化された。
古くから育っているように見える桜は、1973年に三菱グループの寄付で植樹されており、その樹齢は僅か37年に過ぎず、寿命が60年と言われる染井吉野としては丁度壮年期だ。
三菱グループの寄付も37年経って、益々人々を楽しませ続けている。

桜の広がる地域とは別の敷地に、モーガンが設計し1930年に建設された競馬場の一等観覧席が廃墟として残存し、その姿は圧倒的な存在感に溢れている。

20100403競馬場2s-.jpg  20100403競馬場3s-.jpg


スタンドの周りには広場が設置され、植えられてからまだ日の浅い桜が添えられている。
これらの桜は、まだ何十年かは十分な樹齢があり、スタンドと日本のこれからの行方を見守っていくだろう。

20100403競馬場1s-.jpg  20100403競馬場4s-.jpg


しかし、咲いた桜は散らねばならず、スタンドと、桜と、人と、日本とどれが早く散るものか。

 散る桜 残る桜も散る桜。(良寛)
posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

平山郁夫逝く

平山郁夫が画家としては、若く79歳で亡くなった。

昨年甲斐小泉のシルクロード美術館で、薬師寺大唐西域壁画の大下図を見たことが鮮明に甦った。
玄奘三蔵の求法の旅を描き、1980年から開始し2000年に薬師寺に奉納した。
玄奘三蔵の旅は17年なのでそれを越える。

シルクロード美術館へは、韮崎の王仁桜を愛でた足で訪れ、大下図の格闘するような硬質で且繊細な線に圧倒された。

20080405シルクロード美術館s-.jpg  20080405王仁桜(平山郁夫)s-.jpg

晩年の作品は、精神性を失っていたが、文化的側面ではまだまだ活躍してもらいたかった人物だ。

大唐西域壁画は東の「開けゆく長安大雁塔」から始まり、西の「ナーランダの月」で終わる。

平山郁夫大雁塔s-.jpg  平山郁夫ナーランダの月-.jpg  20091108大雁塔1s-.JPG

最近訪れた大雁塔の記憶も絵と表裏一体となり、平山郁夫の記憶は燦爛と咲き誇る王仁桜の樹の下に眠りにつく。
posted by 遊戯人 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

遅まきながらの2006年

9月の〆は中途半端なので、遅まきながら2006年の〆はどうかというと。既に初心を忘れたいが。

一年に1回海外旅行に行き、10の山に登り、100冊本を読み、1000km走ると言う目標は。

海外旅行  :0 払込みまでしたのに、直前で事情あってキャンセル
山     :0
本     :50冊 
ランニング :559km
ウォーキング:821km

大まかに、50%くらいの達成率でしょうか。既に五街道を終わったため、今年は山に注力か、でも毎年天候不順で遠出の計画がたてにくい。
春先から異常な暖冬で、夏も異常気象がありそうだ。

今年から、新たな目標に味覚探訪も加える予定だが、設定数値を思案中。

今日はバレンタインデーで春一番の大荒れですが、北の国から心のこもった芳醇な便りも受け取りました。

今年の目標は大荒れにならずに、達成したいものです。
posted by 遊戯人 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

ヨガか気功か太極拳か

スロートレの類の3種類を試してみたが、

ヨガ:
スポーツの準備運動のストレッチにかなり取り入れられているので、あまり違和感は無いけれど、座位的なものが多いため、今ひとつ物足りなさが。
気功、太極拳と呼吸法が異なるのも戸惑う。
しかし、可動域は確かに広がるようで、身体の内部から汗が出る感じも他には無い。

気功:
太極拳と出もとが一緒だが、経絡などのツボを意識する操作は3つの中でも強い。
動きも比較的単純で不可知な気を意識して、何か良いことやっているという雰囲気が人を引き付ける魅力でしょうか。

太極拳:
武術から発生しているので、ゆったりとはいえ、動きは3つの中で一番大きい。日本人好みの型に通じた所作があるため、段階的に進むモチベーションが起こりやすそう。

と言うことで、どれもそれなりの深さと楽しさがあるようですが、気功、太極拳の参加者が圧倒的に中高年なのに対し、ヨガは大部分が若い女性。

ブームといえばブームだが、スポーツの過激さが無くてダイエットやら美容やらに効能と言うキャッチフレーズが効いているのかも。

そして続けるならどれかといえば・・・・それは勿論ヨガですね!
posted by 遊戯人 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

引越しご挨拶

「街道歩き」に引き続き、複数blogが立ち上げられるというメリットに引かれて、お盆を切っ掛けに、本体部分もこちらに引越してきました。

これで本体部分をスリム化しましたが、追々内容も濃くする予定です。
どうぞ宜しくお願いします。

なおもう一つのblog「街道歩き」はこちらです。



posted by 遊戯人 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。